理想のまぶたを手に入れる そのために必要な情報がある

歴史的な遺伝

目元がパッチリした女性

二重整形の需要が最も高いのは日本、韓国あたりだといわれています。これは人種的な問題ですが、実は一重の人間が多くなったのには原始時代あたりの地球とその気候が関係していたのです。
昔、日本に存在していたのは縄文人といわれる種類であり、この人種は彫りが深くはっきりとした顔立ちをしています。いわば白人のような形であり今の日本人とは全く違います。
縄文人が日本にいついてからしばらくすると地球は氷河期に入りました。それにより急激に温度は下がり極寒の土地に変化しました。長く氷河期を乗り越えるにあたり、ぱっちりとした二重まぶたは不便だったのです。目を守り、寒い中でもしっかりと自分を守ることが出来るように二重から一重まぶたへと進化し、そうした人達が日本や韓国や中国やシベリアへ分布したことで今の形になったといわれています。
遺伝子的に一重まぶたは仕方がないことだったのです。
しかし、最近は気候も落ち着き、日本では豪雪地帯のほうが珍しい程になってきました。その影響か徐々に二重の人間が増加している傾向にあるといわれています。

二重整形によって目元をはっきりさせているような人もおりますが、そのうちこの施術の利用方法も今とは変化してくるかもしれません。
一重と二重では遺伝子上二重のほうが強いといわれていますから、徐々に二重の人工が増えることは決定しているも同然のことなのです。
二重整形は二重を作る整形ですが、中には自分の理想の目にして欲しいと二重を広げたり、縮めたりする為に二重整形を使う人もいます。これから先こちらの需要の方が高まる可能性もあるのです。