理想のまぶたを手に入れる そのために必要な情報がある

永久

担当する医師

二重整形で究極の方法といえば切開法です。これはまぶたを切って底をしっかりと縫い付けることで二重を作ります。当然切開しますからやり直しは難しいですが、1度施術をすれば永久に二重が取れてしまうことはありませんし、目をこすっても大丈夫です。
しかし、当然年齢によるたるみはおこりますから、二重幅が狭くなったり隠れてしまったりすることはあります。

切開法は埋没法を利用した二重整形よりも遥かにダウンタイムが長くかかり、中々面倒な手順が多いのです。しかし、永久的に二重が自分のモノになる上に、埋没法のように糸をまぶたの中に残す必要がありませんから安心して施術ができるという利点があります。
埋没法を行った後に切開をする場合、切るついでに過去に使った埋没法の糸を抜いてくれることもあります。

切開をした場合にかかる時間は30分程度となっており、中には更に時間がかかることもあります。これは麻酔を当然利用しますし、体への負担もやや大きいです。
腫れは2週間以上続く上に途中で抜糸が必要になりますから長く休みを確保することが重要です。

これを使えばどんなに脂肪が多く重たい二重でも問題なく施術できます。切開するのですから、スッキリした目元にする為に脂肪吸引も同時に行う人が多いです。
また、オプションとして目頭や目尻の切開をプラスする人も多くなってきています。
この治療はやり直しが絶対に効きませんから、治療する場合は相当に信頼できる先生へ依頼する必要があります。また、先生と自分の相性と自分自身の顔と理想の二重の一致も必要になります。
中には雑誌などのモデルを追いかけすぎて、施術した後に自分に似合わない目元になって後悔する人もいるのです。それに関しては医師や友人からアドバイスが貰えるようになりますし、不安な場合は試験期間としてまずは埋没での二重整形を行い、本当にその二重の形が似あうのかどうかを判断してから切開する人も増えています。

この施術をする為には最低でも20万円前後かかるようになっており、オプションを付ければ更に10万円前後プラスになる可能性があります。しっかりお金の余裕を持ち、更に時間にもゆとりを作ってから治療を行って下さい。