理想のまぶたを手に入れる そのために必要な情報がある

埋没

目に満足している女性

定番の二重整形の1つに埋没法があります。この方法はメスを利用しない二重整形でありプチ整形に分類されています。針を刺す形でまぶたを縫い止めて二重の形にまぶたが折れ曲がるようにします。正確にいうと縫い止めるというよりもまぶたの筋肉を結わえることで連動して動くようにし、二重の場所で折れ曲がるようにする手術です。
麻酔を利用して治療しますから痛みはありません。最初の麻酔針の痛みはありますが、点眼麻酔や塗るタイプの麻酔薬を重ねて利用しますから殆ど痛みを感じる暇はありません。

まず点眼等によって麻酔を行い、形を決めた二重にまぶたが折れ曲がってくれるように処置していきます。U字型のピンのような器具を利用してまぶたの裏側から表面にかけて糸でしっかりとまぶたの筋肉を縛っていきます。作業は非常に単純で簡単である為に処置にかかる時間はほんの10分程度です。
処置したばかりのときには腫れが起こるようになっていますが、早くて3日程度で違和感は消えてくれます。長ければ1週間程度かかることもあります。
最高でも2週間で腫れがだいたい収まり、化粧をすれば普通に出かける事が出来るようになります。

最近の新しい二重整形の方法であれば、4日目から化粧をして外に出られるような自然さである場合も多いです。
これはまぶたが重たければ重たい程に糸が切れやすく、糸が切れれば当然二重も無くなってしまいます。しかし、この処置は簡単にやり直すことが出来るようになっていますから再度埋没法を希望する人も多いです。
1度埋没法で二重の様子を確認し、糸が切れたり緩んだりした所を見計らって切開整形で埋没法と同じ形の目に整えて永久二重を作る人も多いです。
切開が怖いからと埋没法を繰り返す人もいますが、この埋没法は年齢の経過によってまぶたがたるむと二重が埋もれてしまうこともありますから、永久に美しい二重を保とうと思えば定期的なメンテナンスが必要になります。

この施術にかかる費用は非常に安価ですが、幅があります。安い場所で行えば1万円~3万円前後で施術が可能となりますが、高い場所へ行けば20~30万円かかる場合もあります。
高い病院なら腕が良いというわけではありませんから、自分でカウンセリングに通って病院を決定して下さい。