理想のまぶたを手に入れる そのために必要な情報がある

日本発祥

問診をする医師

二重整形というと美容の為という印象がありますが、実は今でも逆さまつげの治療として二重整形が利用されています。逆さまつげの治療として使う場合には保険が適応になりますが、美容整形目的の場合は保険適応外となっています。
この二重整形という治療方法が登場したのは1920年代のことであり、当時はまだ今のように便利で画期的でリスクの少ない治療ではありませんでした。二重整形が激的に進化したのは終戦後あたりの話であり、ナイロンストッキングが登場してナイロン製の糸が生まれ、それが二重整形に非常に役立つと判明してからのことです。
実際に美容外科手術として二重整形が行われたのは戦後であり、景気がやや回復してきたあたりだったといわれています。東京の美容外科で機密事項として行われました。しかし、当時はまだ今のように体内に入れても拒否反応が出ない糸というのが少なく、中々簡単には成功しなかったといわれています。

現在のような埋没法が登場したのはもっと最近になってからであり、札幌にいる美容外科の先生が開発して世界各国に広がりをみせました。
今ではプチ整形という気軽な方法で二重整形を使えるようになり、もっとたくさんの人が自分自身の顔にあるコンプレックスを解消して前向きに人生を歩めるようになりました。

最近では高校生や中学生が親にお願いして手術を受けに来るようなこともあります。リスクが低下し、手術費用も安価になったことである程度まとまった時間が取れる学生時代に手術をした方が安心して治療していけると評判です。
親側も整形が身近になってから生まれている世代が増え、中には美容整形を自身が経験している人も多くなっています。それによりかつて存在していた美容整形や二重に関する偏見や別も減少し、誰にも過ごしやすい環境が出来上がりつつあります。