理想のまぶたを手に入れる そのために必要な情報がある

人気の記事

定番

二重になった女性

日本人に一番馴染みがある美容整形といっても良い程に広まった二重整形ですが、この施術はまだまだ進化し続けています。
昔に比べれば激的に二重の持ちが良くなり、快適な施術が可能になりました。それだけでなく最近の施術では昔は難しかった人でも理想の二重を問題なく作ることが出来るようになっています。
今1番人気がある術式はプチ整形ともいわれている埋没法ですが、埋没法以外にも様々な二重整形の方法が存在しています。昔に比べて技術は上がっているのに需要も伸びているために安価に治療が可能になっています。
更にいうと、過去の治療方法ではダウンタイムがかなり必要だったのですが、最近の埋没法や切開法だと必要な時間が半分程度位になりつつあります。

目とは人間の印象を大きく変化させる部分であり、ここがダメであればいくら他の部分で努力してもいまいちパッと変化しません。日本人は圧倒的に一重の人工のほうが多く、二重整形の需要はトップクラスに高い民族です。
昔は女性が利用する定番の施術となっていましたが、最近では男性でも二重整形を利用して目元を優しい印象にして欲しいと依頼する人が増加しています。
なんと、日本人で二重と一重の割合は3対7と絶望的に一重の人のほうが多くなっています。これは骨格的な問題であり、日本人のまぶたというのは白人に比べて分厚くどうしても腫れぼったくなってしまうのです。
まぶたが重たいとその厚みによって二重に必要な筋肉が上手く働かず、どうしても一重になってしまうのです。ですから中にはダイエットや顔マッサージによってまぶたの脂肪が落ち、自然と二重の筋肉の作用が出るようになって二重になる人もいます。
しかし、これはごく一部の話であって殆どの人は一重に悩まされることになっています。

プラスアルファ

日本人の目には蒙古襞というひだがあり、これがくっついているせいで目の広がりを邪魔していることがあります。理想的な二重を作る場合にひだが邪魔で二重が届かないこともあります。これらを除去して完全に思い描いていた二重に整形することも可能です。

» 詳細を確認する

術後対応

不安と期待の混ざった感情で施術を終え、ダウンタイムに入れば不安ばかりを感じるようになります。腫れている期間は人それぞれですが長い人もいますし、切開の場合は抜糸が必要にもなります。ダウンタイムには落ち着いて行動できるように対処法を勉強して下さい。

» 詳細を確認する

埋没

最も簡単で成功率が高い二重整形に埋没法があります。これは非常に便利な方法ではありますが、絶対にとれない二重を作ることはできません。しかし、リスクが少なく技術が進化したことによって二重の持ちも良くなっています。

» 詳細を確認する

永久

埋没法がどうしても取れてしまう、まぶたが重たくて理想的な二重になってくれない。そんな悩みを抱えている人は切開法で二重整形を行う以外に方法はありません。切開法を利用すればどんなに重たいまぶたの人でも理想的な幅広二重にすることが可能です。

» 詳細を確認する